お金手に入る方法~ショッピング枠の現金化から飲み会幹事まで

menu

ショッピング枠現金化の方法と注意点

クレジットカードには「ショッピング枠」と「キャッシング枠」とがあります。
通常、現金の融資を受けたいと思ったら、利用するのはキャッシング枠です。
キャッシングはATMなどで簡単に現金を借り入れることが可能な便利なサービスですよね。
実際に利用したことのある人も多いでしょう。
しかし、とある方法を利用すると、このキャッシングではなくても現金を入手することも可能なのです。
その方法と言うのが、今回のテーマとなる「ショッピング枠現金化」になります。

▼ 目次

ショッピング枠現金化を解説

ショッピング枠現金化というものをシンプルに解説すると「カード決済によって得た商品により現金を入手する」という手段と言えます。
具体的な方法としては、大別すると2種類になり、そのどちらにも一長一短があると言えるでしょう。

まず1つ目の方法として挙げられるのが「転売」です。
簡単に言うと、カード決済で買い物をして、購入した商品を他者に販売する、と言った行為です。
カード決済で利用するのはショッピング枠になりますので、結果としてショッピング枠からの借り入れが現金化したことになりますよね。
この方法のメリットは、換金率に天井がないことでしょう。
デメリットは換金率が安定しないこと、高い換金率で現金を得るにはそれなりの経験や専門知識を必要とすること、つまりハードルが高いことです。

2つ目の方法として挙げられるのが、「業者」です。
じつは世の中には「現金化業者」というものが数多く存在しています。
そういった専門業者に依頼し、現金化を行う方法です。
実際の換金方法は業者ごとに全く異なりますので、業者の指示に従って行動することとなるでしょう。
メリットは安定してそれなりの換金率で現金化できること、自分で転売するよりも簡単に手軽に現金化できること、です。
デメリットとなるのは換金率が100パーセント以上になることは通常ありえないことでしょう。
業者は換金する際に手数料を利用者から徴収し、その利益で運営していることが一般的です。
自分で転売するときは自分のスキル次第で100パーセント以上の換金率を実現することも可能ですが、業者に依頼した場合はその可能性がほぼ0であると認識しておくべきでしょう。

このようにショッピング枠現金化は「自分で転売する」「業者に現金化してもらう」、この2つの手段があると言えます。
しかし自分で転売するにしても何を買って売るのか、業者に依頼するにしてもどんな換金方法の業者に依頼するのか、実際の選択肢は非常に豊富であると言えます。
豊富だからこそ、その中から最善の選択肢を選ばなくてはならないのです。

ショッピング枠現金化の注意点

そしてショッピング枠現金化には、決して無視できない注意点があることも忘れてはなりません。
まずは「ショッピング枠現金化をする以上、借金が発生している」というポイントです。
カード決済を行うことで現金化するのですから、当然のことですよね。
しかし、実際に大金を手にすると、その感覚がマヒしてしまう人が多いのです。
実際にショッピング枠現金化を検討している人の多くは、キャッシング枠を使い切ってしまっている故に現金化を検討しているので、既に多額の融資を受けていることが多いです。

そしてショッピング枠現金化を行う人の多くは、用途があるから現金化しています。
つまり、現金化したそのお金は、貯蓄するのではなく使ってしまうお金なのです。
すると残るのは債務のみになりますよね。
この債務は必ず返済しなければなりません。
何度もショッピング枠現金化を繰り返し行うと、返済が難しくなり、多重債務の入り口となる可能性があります。
ショッピング枠現金化はあくまでも借金であり、必要以上の頻度で繰り返すべきものではないということを認識しておかなければならないのです。

「カード規約や法律に反する可能性がある」というのも知っておくべきでしょう。
多くのカード会社は、現金化目的でカード決済を行うことを利用規約で禁じています。
つまりショッピング枠現金化という行為そのものが、多くのカード会社の利用規約違反なのです。
カード会社は世界中にたくさんありますので、中にはそのような利用規約がない会社も存在するかもしれません。
しかし一般的に利用され普及しているカード会社は、現金化を禁じているのです。
ショッピング枠現金化はカード利用規約違反であることを承知で行うか、利用規約違反にならないカード会社を探し出して利用するかしなければならなりません。

さいごに

ちなみにショッピング枠現金化を行っていたことがカード会社に知られると、多くの場合は利用停止になります。
法律違反に関しては、自分で頻繁に転売を繰り返した場合にその可能性が高まります。
転売で営業するには古物商の資格が必要です。
つまり無資格者が頻繁に転売を繰り返し「営業性がある」と判断されると、法律違反となるのです。

ショッピング枠現金化というのは、困ったときには本当に役に立つ手段であると言える半面、そういったデメリットが必ず付きまとう行為でもあるのです。
やはりいろいろな意味で、ショッピング枠現金化は頻繁に繰り返すべきものではなく、最後の手段として認識しておくべきでしょう。