カードローンで現金を用意

menu
HOME » おカネを手にれる » カードローンで現金を用意

カードローンで現金を用意

「現金が必要になったらカード会社のキャッシング枠を利用する」という発想を持つ人は多いでしょう。
そして「キャッシング枠を使い切ってしまったらショッピング枠を現金化すれば良い」と思っている人も、中にはいるかもしれませんよね。
しかし、キャッシング枠を利用する前に、もしくはショッピング枠を利用する前に、考えるべき選択肢も残されています。
それが「カードローン」です。

カードローンは銀行やカード会社、消費者金融などさまざまな業者が提供していますが、一般的な定義としては「現金の融資を専門としたサービス」になります。
クレジットカードのキャッシング枠はあくまでも「ショッピング枠の付加価値的なサービス」であり、臨時の少額利用を想定したものと言えますので、その利用限度額も低いことが一般的です。
そもそもショッピング枠の中に含まれている形になっています。

そしてクレジットカードのキャッシング枠はそれ自体がサービスの主体ではないため、金利は少し高めになっています。
しかしカードローンの場合はそれそのものがサービスの主体であるためか、クレジットカードのキャッシングよりも利用上限額が高く、低金利であることが多いのです。
つまりキャッシング枠を使い切ってしまいショッピング枠現金化を考える前に、可能であればそもそもキャッシング枠を利用する前に、カードローンを検討することが得策となる可能性は非常に高いのです。

ちなみにカードローンは基本的に用途の制限がありません。
一般的な生活費に利用するのであれば問題ないでしょう。
ただし事業資金や投資などを目的として借り入れることは利用規約で禁止していることが一般的なので、そこには注意が必要です。

キャッシングにしてもカード決済にしてもカードローンにしても、借金をすることには変わりありません。
返済できることを前提として利用するべきなのは同じなのです。
いつどのように返済するのか、具体的な返済計画をしっかりと立てたうえで利用するようにしましょう。