キャッシング枠で現金を用意

menu
HOME » おカネを手にれる » キャッシング枠で現金を用意

キャッシング枠で現金を用意

現金の融資を受けるには、さまざまな方法があります。
カードローンは最近非常に流行っていますし、ショッピング枠現金化という最後の手段というべき方法もありますよね。
しかし、一般的に多くの人が、現金を工面しようと思ったときに最初に思いつくのは、利用しているクレジットカードのキャッシング枠でしょう。
クレジットカードをATMに挿入すれば現金の融資を受けることができる、便利で手軽なサービスです。
今回はこのキャッシング枠とはそもそもどういったものなのか、カードローンとどう違うのか、どんなポイントが利用時の注意点となるのか、解説します。

キャッシング枠と言うものを簡単に説明すると、「クレジットカードの付加サービス」であると言えるでしょう。
クレジットカードの本来の役割は、「ショッピング枠」を利用して「カード決済」をすることにありますよね。
買い物の際にクレジットカードを提出し、カード会社がお店に商品代金を支払い、その代金をカード会社が利用者の口座から引き落とす、といった流れです。
このショッピング枠によるカード決済がクレジットカードの本質なのですが、利用者はどうしても現金を用意しなければならないこともありますよね。
そのためにカード会社が「ショッピング枠の一部であれば現金の融資を行います」として提供しているのが「キャッシング枠」なのです。

つまり、一般的にキャッシング枠とはショッピング枠の中に含まれている枠であり、それぞれ独立した枠ではないのです。
カードローンと言うのは現金融資、つまりキャッシングの専門カードを利用しますので、そこが大きな違いと言えるでしょう。

キャッシング枠を利用する際の注意点は、やはり借金であると言うポイントになります。
あまりに簡単に現金の融資を受けられるがゆえに、その意識が低下してしまう利用者も少なくはありません。
当然金利も発生します。
利用する際は金利計算も含めた緻密な返済計画を立て、その返済計画を実行可能なときにのみ利用するべきなのです。