ショッピング枠現金化の注意点について

menu
HOME » おカネを手にれる » ショッピング枠現金化の注意点について

ショッピング枠現金化の注意点について

ショッピング枠現金化を行う際には、絶対に無視することができない注意点がいくつかあります。
その注意点をよく理解したうえで、自分自身がショッピング枠現金化を行うべきなのかをよく考え、実際に着手するのか否かを決定するべきでしょう。
今回はそんなショッピング枠現金化の注意点について解説します。

ショッピング枠現金化の最大の注意点の一つに挙げられるのが「カード会社が禁じている手段である」というポイントになります。
カード会社は基本的に、カード決済を現金化目的で利用することを禁じているのです。
「最終的に自分が支払うのだから、何に使おうが自由」と思っている人もいるかもしれませんが、それは大きな間違いです。

融資と言うのは、いわば「お金のレンタル」です。
たとえばレンタルショップのDVDを借りた際に、「お金を払って借りたのだからどう利用しようが勝手」という発想になるでしょうか?
なりませんよね。
無断でコピーしたり、破損するような扱いをしたりすることは貸し手が禁じています。
現金のレンタルも同じです。
貸し手には「貸したお金をどのように利用するのか制限を設ける権利」があるのです。

基本的に利用方法の制限が少ないことがメリットであるカードローンでも、事業資金や投資に利用することは禁じています。
住宅ローンだって住宅購入以外の用途には使えませんよね。
カード決済を現金化目的で利用してはならないのも、それと同じなのです。
この利用規約に反したことがカード会社に知られると、カードの利用停止になる可能性もあります。

「法律を厳守しなければならない」というのも最大の注意点の一つです。
ショッピング枠現金化を自分で行う場合、基本的にその手段は「転売」です。
たとえば「購入した商品が気に入らなかったのですぐに質屋に売った」という場合、これは「結果的に転売になった」というだけなので、なんら問題がありません。
しかし転売を繰り返していると、「転売によって利益を得ている」つまり営業性が認められてしまう可能性が出てきます。
転売で営業可能なのは古物商の有資格者のみです。
無資格者に営業性が認められると、これは違法行為になります。
頻繁に転売を繰り返さないようにしましょう。